まれに日本語のドメインのサイトがありますが、日本語のドメインにはどんなメリット、デメリットがあるのでしょうか。
ドメインを取得するときに日本語ドメインを取得するか、英語ドメインを取得するか悩んでいる人は是非参考にしてみてください。

日本語ドメインのメリット

日本語ドメインのメリットを挙げます。

  • 検索エンジンでの検索結果画面でクリックされやすくなる
  • ホームページのURLが覚えやすい、覚えてもらいやすい
  • SEO対策になる

検索エンジンでの検索結果画面でクリックされやすくなる

検索エンジンで検索結果画面で日本語ドメインのサイトがあると単純に目立つため、クリックされやすくなります。
当然、日本人には日本語のほうがぱっと見で文字を認識することができるためです。
そういう意味で考えるとこれもSEO効果であるともいえます。

ホームページのURLが覚えやすい、覚えてもらいやすい

ホームページのURLが日本語ですので、ホームページの訪問者にしても、自分にしても、ホームページのURLを覚えやすいです。
ホームページのURLを覚えてもらいやすいので、アドレスバーにホームページのURLを直接入力する可能性が高くなるので訪問者が増えることがあります。

SEO対策に多少有利になる

微々たるものですが、SEOにも効果があると言われています。

日本語ドメインのデメリット

上記のように日本語ドメインのメリットを挙げてきましたが、当然日本語ドメインにもデメリットがあります。

メールアドレスが取得できないことがある

例えばドメインが「日本語.co.jp」であれば、メールアドレスは「〇〇〇@日本語.co.jp」で取得しますが、日本語ドメインの場合はこれができません。

日本語ドメインでメールアドレスを取得する場合は「Punycode」(ピュニコード)と言われるもので英字の集合に変換しなくてはなりません。

先程、例に出しました「日本語.co.jp」だと「Punycode」で変換すると「xn--wgv71a119e.co.jp」になりますので、メールアドレスは「〇〇〇@xn--wgv71a119e.co.jp」になります。

日本語ドメインが使えないレンタルサーバ会社がある

サーバについてはレンタルサーバ会社から借りることが多いと思いますが、レンタルサーバ会社では日本語ドメインを使用できない会社があります。

これについてはよくレンタルサーバ会社のサーバの仕様を確認する必要があります。

日本語ドメインのメリット・デメリット

これまでに例を挙げた通り、日本語ドメインにはメリット、ドメインがあるので、それぞれを理解した上で日本語ドメインを利用するようにしましょう。