wordpressは世界中でホームページやブログを作るために利用されているソフトウエアです。オープンソースとなっており、自由にカスタマイズして利用することができます。

レンタルサーバーを借りてサイトを構築するのに使える他、wordpress.comの公式でスペースを借りてサイトを作る事も可能です。PHPとMySQLで構成されており、コンテンツ・マネージメント・システム(CMS)としても使える優れたシステムです。wordpressのテーマとは、デザインや機能を1つのパッケージとして提供しているテンプレートを意味します。世界中で膨大な数のテーマが開発されていて、無料のものも多くあります。

サイトに合わせたテーマを利用しよう

223395ae7cd150697858d397130d03f0_s

wordpressのテーマには、様々な機能が含まれており、どんな目的でサイトを作るかによって向き不向きがあります。サイトは大きくコーポレートサイト、アフィリエイトサイト、ギャラリー系やポートフォリオサイト、ブログなどに分けられますが、目的に最も合ったテーマを選ぶ必要が出てきます。

例えばアフィリエイトサイトを作るつもりなら、アフィリエイト・サービス・プロバイダの運用やランキング作成、ランディングページ作成などが出来るテーマを選ぶと使いやすいでしょう。

テーマの機能は多ければよいと言うものでもなく、不必要な機能がたくさんあっても設定が面倒で使いにくいと言うことにもなりかねません。またテーマは世界中の人が開発を行って提供していますが、全てのテーマで安全性が担保されているとは限らないことに注意しましょう。信頼できるテーマを利用することをお勧めします。

テーマは後から気軽に変更できないと考えて慎重に選ぶことが重要です。特に管理画面の使いやすさは大事なポイントです。スマートフォンに対応しているレスポンシブWebデザイン対応のテーマであるかどうかも確認しておきましょう。管理画面でパーマリンクの設定を変えると、個々のページに付けられたSNSのいいね!やシェアのカウントがリセットされてしまうことがあります。特にパーマリンクにカテゴリー名を含めている場合、カテゴリーを変えると前のアドレスが存在しなくなってリセットが起こります。カテゴリーをはじめサイト全体の構成は設定前にしっかり考えておく必要があるといえるでしょう。

テーマにはカスタマイズが管理画面で簡単にできるものや自由度が高いものなどバリエーション豊富なので、PHPやCSS、HTMLなどの知識がどの程度あるかによっても選ぶテーマが変わってくるでしょう。手始めに使ってみたい場合は、公式でテーマを選び、いじってみる方法もおススメです。

自分でサーバーを用意して本格的にサイトを構築するならレンタルサーバーを借りる必要が出てきます。レンタルサーバーの選び方も重要で、wordpressがしっかり動くサーバーを選んでください。テーマを選ぶ際には、急に提供が中止になったりバージョンアップがなされなくなったりといったケースがあることには注意しましょう。目的に合ったテーマを探して、素敵なサイトを作ってください。