SSLとはなにか

SSLとは、インターネット上のデータを暗号化して送受信できるようにする仕組みです。
主にメール送信フォーム等に使われており、クレジット情報、個人情報のようなデータを暗号化しています。
この事で第三者から重要な情報を守ることができます。
SSLを導入しているサイトではURLがhttpsにとなり、ブラウザによって鍵のマークが表示されるようになります。

ますます重要になってきたSSL

ネット犯罪が多い昨今インターネットでクレジット情報や個人情報を暗号化しないでやりとりすることは命取りになります。これからはサイト上の情報を暗号化するSSLは必須になってくるでしょう。

また、SSLを導入することでSEOにも効果があるとGoogleが発表したので、SEOの観点からもSSLは注目されています。

SSLを導入するメリット

・セキュリティ向上
・SEO対策

ここまでの話ではSSLを導入することはサイトにとって、とてもメリットがあることだと思いますが、メリットだけではありません。

SSLをサイトに導入するにはSSLサーバ証明書が必要になります。
SSLサーバ証明書は高いものだと年間費用が5万~8万といったものがあるので、SSL導入にはどうしても高額な費用をかける必要があります。

SSLを導入するデメリット

・高額な費用がかかる

無料で独自SSLを導入可能に

SSLを導入するデメリットが高額な費用でしたが、最近では無料で独自SSLを導入することができるレンタルサーバーが増えており、手軽にSSLを導入できるようになりました。

これはSSLサーバ証明書を無料で提供している団体が増えてきたためです。
有料のSSLサーバ証明書よりは信頼性に欠けると思いますが、そういった事が気にならない人にとってはありがたい事です。

以下に挙げるレンタルサーバーが独自SSLを無料で導入できるレンタルサーバーになりますので、自分に合ったレンタルサーバーを選んでみてください。

Xserverの特徴

ロリポップやさくらのレンタルサーバーよりは年間にかかるサーバー費用が高くなりますが、管理画面の使いやすさやその他の機能等も含め、一番おすすめのレンタルサーバーです。

このサイトもxserverで運用していて、独自SSLも導入しました。

Xserverのスペック



初期費用 月額費用 マルチドメイン PHP・CGI レンタルサーバーの容量 電話サポート
3000円+消費税 (1000円+消費税)×12カ月 無制限 200GB

※x10プランの12ヶ月契約の場合

>>エックスサーバー
のサイトへ

ロリポップの特徴

年間のサーバー費用が安いので、手軽に独自SSLを始めたい人にはおすすめのレンタルサーバーです。

ロリポップのスペック



初期費用 月額金額 マルチドメイン PHP・CGI レンタルサーバーの容量 電話サポート
1500円 500円~ 100個 100GB

※スタンダードプランの場合

さくらのレンタルサーバーの特徴

さくらのレンタルサーバーも比較的安く借りられるレンタルサーバーです。私としてはやや管理画面が使いづらいですが、サーバーの機能面としては申し分ないです。

さくらのレンタルサーバーのスペック



初期費用 月額金額 マルチドメイン PHP・CGI レンタルサーバーの容量 電話サポート
1029円 515円 20個 100GB

※スタンダードプランの場合

さくらのレンタルサーバ ビジネス