私はさくらレンタルサーバーを使ってwordpressを運用することがありますが、さくらレンタルサーバーでwordpressを自動インストールする場合は注意しなくてはならない点があるので、ここに書いておきます。

さくらレンタルサーバーでwordpressを手動インストールするときの注意点

さくらレンタルサーバーではwordpressを管理画面から自動インストールするときに注意が必要です。
その注意点とはドメインの直下にwordpressを置くことができないということです。

ドメイン直下にwordpressを置けないということは例えば、wordpressのトップページがhttp://test.com/test2/というようになり、サブディレクトリがTOPページ扱いになります。

http://test.com/をTOPページにしたい場合は、wordpressの設定をいじるか、手動でインストールをしなくてはなりません。私の場合は手動でwordpressをインストールするようにしていますが、全くのwordpress初心者の人には苦痛となる作業になると思います。

さくらサーバーでwordpressを手動でインストールする方法

簡単ではありますが、wordpressを手動でインストールする方法を書いておきます。
wordpress初心者の人には苦痛といいましたが、慣れれば簡単なので心配しないでください。

wordpressの公式サイトからwordpressをダウンロードする

https://ja.wordpress.org/
上記のURLのリンク先にダウンロードリンクがあるので、そこからwordpressをダウンロードしましょう。

wordpressはzip形式で圧縮されていますので、ローカルでファイルを解凍します。
解凍はフリーソフトの「Lhaplus」、「7-Zip」等ですることができます。

wordpressをFTPでアップロードする

FTPを使ってTOPページにしたいフォルダにwordpressをアップロードしてください。
先ほどの例のようにhttp://test.comをTOPページにしたい場合はhttp://test.comのフォルダにwordpressをアップロードします。

wordpressをアップロードしたフォルダにブラウザでアクセスする

wordpressのアップロードが完了したら、アップロードしたフォルダにブラウザでアクセスします。
例えば、ttp://test.comにアップロードしたなら、ブラウザでhttp://test.comにアクセスします。

アクセスしたら、wordpressの説明文章がブラウザ上に表示され、画面下にさあ、始めましょう!ボタンが表示されます。まずは、このボタンを押します。

次にさくらレンタルサーバーのサーバコントルールパネルにログインします。
ログイン後、画面左のデータベースの設定をクリックします。

1

さくらレンタルサーバーのデータベースの情報が表示されます。
この画面の情報を先ほどのwordpressの画面に入力していきます。

データベース サーバ->データベースのホスト名
データベース ユーザ名(初期アカウント名)->ユーザー名
接続パスワード変更->パスワード
データベース->データベース名

テーブル接頭辞にはデフォルトの文字を入れたままで大丈夫です。
左側がさくらサーバーの情報になります。

正しく入力し、送信ボタンを押してください。
これらの情報が正しければ次にインストール実行ボタンが表示されるので、これを押してください。

次にwordpressの初期設定画面が表示されるので、「サイトのタイトル」、「ユーザー名」、「パスワード」、「メールアドレス」を任意に入力し、wordpressをインストールボタンを押してください。
これで手動でwordpressをインストールすることができました。