情報を発信するホームページを作成するための手順は、色々とありますが、まずはホームページを開設するスペースをインターネット上に用意しなければいけません。インターネット上にホームページを開設するスペースがなければ、ホームページを作成したとしても、インターネット上に公開することができないです。

インターネット上にホームページのスペースを用意する方法として、一番安く済むのは、無料で提供されているサービスを利用することでしょう。しかし、無料サービスは運営の意向によって強制的に広告が表示されたり、アカウント停止などのデメリットがあります。

こういったデメリットがあるため、企業のホームページや商用利用するホームページでは無料のサービスはあまり利用されていません。

レンタルサーバーとドメインで自由にホームページを作成しよう

自由にホームページを作成したいのなら、サーバーをレンタルして、ドメインの取得をおこないましょう。これらの2つをおこなえば、インターネット上に思い通りのホームページを開設することができます。
サーバーをレンタルする方法は各サービス会社の公式サイトを見れば、簡単におこなうことが可能でしょう。

私のおすすめのサーバーはエックスサーバーです。
http://www.xserver.ne.jp/

金額は少し他の会社より高めの設定ですが、機能、サポート体制ともに充実しており、今までこのサーバーを使って困ったことがありません。

また、無料でSSLを設定できるので、セキュリティ対策にも優れたサイトを作成することができます。

エックスサーバーが気に入らない場合は、他にもレンタルサーバーの会社はありますので、容量や月額料金などを確認し、自分自身が希望するスペックのレンタルサーバーを見つけることができます。そして、無事にサーバーを借りることができたのなら、次はドメインを取得しなければいけません。ドメインをサーバーに設定することで、初めてホームページの開設が可能となるからです。

ドメインを取得する

ドメインの取得をする場合は、まずは自身でアルファベットや数字を組みあわせて、好きな文字列を考えましょう。その文字列がインターネット上の住所になるため、分かりやすさや覚えやすさなどをきちんと考えた上で作ることをおすすめします。

次はドメインの取得サービスをおこなっているサイトに訪れて、用意されているドメイン検索システム(ほとんどの場合はトップページにあります)に、考えた文字列を打ち込んでみましょう。そうすれば、そのドメインの空き状況が表示されて、年間の使用料もきちんと提示されます。

私のおすすめの会社はムームードメインです。
この会社は他の会社より安くドメインを取得することができます。
下のフォームからどのドメインが空いているのか確認できますので、使ってみてください。


ドメイン検索
a
.com .net .info .mobi

ただし、ドメインにはcomやjpなどがあって、考えた文字列が同じだとしても、それらが違うのなら別のアドレスと認識されます。そのため、comというドメインは取得できなくても、jpは取得できる場合があるので、色々と検索してみると良いでしょう。

また、各ドメインの使用料はすべてが同じなわけではなく、高いものから安いものまで用意されています。ただし、一年目が安いドメインでも、二年目からは高くなっている可能性があるため、長期間運用することを考えるならきちんと確認した上で契約しましょう。

なお、ドメインを取得するのならば、公開されるWhois情報(契約者の情報)を代行をしてくれるサービスを活用することをおすすめします。ドメインを取得するとそのドメインに対してWhois情報(契約者の情報)が設定されるので、代行サービスを利用することによって、自分の情報を隠すことができます。

サーバーのレンタルとドメインの取得は面倒なように感じますが、すべてインターネット上から申し込めますので、自由なホームページを望むなら契約をすることをおすすめします。