とりあえず、ホームページがあればいいやっていう人、無料でホームページを持ちたい人は、まず無料のレンタルサーバーを利用してみてください。

無料レンタルサーバーでもドラッグ&ドロップで簡単にホームページを作成できるようにデザインされているサービスもありますので、ホームページの初心者にも安心です。

ここで紹介する無料のレンタルサーバーは商用利用可能ですので、店舗のホームページに利用しても問題ありません。

WIX(ウィックス)の特徴

WIX(ウィックス)は多様なテンプレートからホームページを作成できます。
しかも、一つ一つのテンプレートがとても綺麗なので、テンプレートをそのまま使うだけで綺麗なホームページを作成することができます。
また、Web上でドロップ&ドラッグでホームページの作成できるので、プログラミングの知識が必要なく、ホームページを作成することができます。作成したホームページはスマホにも対応しているため、スマホからホームページを閲覧する訪問者にも優しい。

また、WIX(ウィックス)の機能を気に入り、今後も使用していきたいと考えているならば、プランをアップグレードすること(有料)で独自ドメインを使用することもできるようになります。

WIX(ウィックス)のスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
× 無し 500MB

Jimdo(ジンドゥー)の特徴

Web上で簡単にホームページを作成することができます。ドロップ&ドラッグで編集してあなたも簡単にホームページを持つことができます。作成したホームページはスマホにも対応しており、デバイス別プレビューから各デバイスの表示を確認することができます。

また、有料にすることで独自ドメインを使用することもできるようになります。

Jimdo(ジンドゥー)のスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
× 無し 500MB

Xdomain(エックスドメイン)の特徴

無料なのに独自ドメインの使用がOK、広告が非表示です。
ただ、ドラッグ&ドロップで簡単にホームページを作成できるような仕組みはないので、自分でHTMLファイルを作成する必要があります。

初心者には難しいですが、多少のプログラミングの知識があるならおすすめの無料レンタルサーバーですね。

Xdomain(エックスドメイン)のスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
無し 1GB

Webnote(ウェブノート)の特徴

ホームページの編集は直感的にドラッグ&ドロップですることができます。
また、作成したホームページはスマホに対応しているので、スマホユーザーでも快適にホームページを閲覧することができます。

なお、プランを変更することで独自ドメインを使用することができるようになります。

レンタルサーバーの容量は100MBと他の無料レンタルサーバーより少なく感じますが、相当な数の画像をサーバーにアップでもしない限り、問題ないです。

Webnote(ウェブノート)のスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
× 無し 100MB

FC2ホームページの特徴

ホームページの編集モードがファイルエディタとテキストエディタの2種類あり、ファイルエディタではドラッグ&ドロップで直感的にホームページを編集することができます。テキストエディタではHTMLを直接編集することができます

初心者はファイルエディタを使用し、HTMLを編集できる人はテキストエディタで編集するということで、どちらの方にも対応することができます。

ただ、下記にも注意書きをしてありますが、作成したホームページの下部に”Powered by FC2″と表示されてしまうのでここは残念なポイントです。

FC2ホームページのスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
△(※1) △(※2) 1CB

(※1)独自ドメインはオプションを利用した場合に使用することができます。

(※2)基本的に広告表示はありませんが、3ヶ月の間、サーバーへのアップロードが無い場合は、ホームページの上部と下部に広告が表示されます。

また、広告ではないですが、ホームページの下部に常に”Powered by FC2″と表示されます。

XREA.COMの特徴

ホームページ上に広告が表示されてしまいますが、独自ドメインを使用することができるレンタルサーバーです。
また、無料のレンタルサーバーには珍しくPHP・CGIを使用することができるので、動的なホームページを組みことが可能です。

XREA.COMのスペック
独自ドメインの使用 広告の表示 レンタルサーバーの容量
有り 1CB